困る人

冷え性による症状|血液の流れを良くする働き

血行不良がもたらす症状

悩み

冷えとの違い

冷え性で悩んでいる人は少なくありませんが、ただの冷えと、冷え性との違いをご存知でしょうか。冷えは、秋や冬などの人間が寒さを感じる季節に、気温の低下などによって手足が冷えてしまう状態を指していますが、冷え性は季節に関係なく手足などが冷えてしまう状態です。この冷え性の原因は、血行不良です。血液の流れが悪く、特定部位に血がうまくめぐっていかないことで、その部位が冷たく冷えてしまいます。特に、貧血や低血圧などの症状を抱える人は、血液のめぐりが悪く、冷え性になりやすいと言えます。そのような冷え性の改善のためには、血液の流れを改善する必要があります。

血行を促しましょう

冷え性を予防、改善する方法として有効なのは、とにかく体を温めるということです。冷えた部分を温める、ということだけでなく、体が温まると血行も良くなるため、湯船にしっかり長い時間つかることを心がけると、冷え性の予防になります。また、お風呂上りにはストレッチをするようにするとより効果的です。ストレッチなどの運動を行うことで、さらに血行が良くなり、代謝が上がることにもつながります。それだけでなく、血行不良を改善する作用を持つえび、あじ、さばなどの食材を多めに食べることや、エアコンに注意し夏場は体を冷やしすぎないようにする、ということも効果的予防、改善方法の一つです。また、血行不良や身体の冷えに有効な健康食品もあります。血行促進効果のある生姜やカプサイシンが含まれるサプリメントに、筋肉の緊張をほぐし血行を良くする成分の入ったドリンクなど、成分も種類も豊富です。またこれらの健康食品は、食事で摂りきれなかった栄養素が一緒に配合されているものも多いので、健康を補助する効果もあります。自分の出来る範囲で行い、冷え性の予防、改善に努めましょう。